インプラントのメリットとデメリット

インプラントとは失ってしまった歯の部分に、チタン製の人工歯根を埋め込んでその上から人工の歯を被せて本物の歯のように機能させる治療法を言います。

埋め込んだ人工の歯はその後のメンテナンスを的確に行うことで、半永久的に機能する第二の永久歯としても活躍します。
人工歯根に採用しているチタンとは人間の体内に非常に馴染みが良く、骨との結合できる特性を持っています。
また金属アレルギーの症状を引き起こすこともなく非常に安心な材質です。
インプラントの最大のメリットといえば、自分の歯とそん色なく噛むことが可能な点です。
またブリッジなどの方法と比較しても、周辺の歯やあごの骨に負担が少ない点もメリットです。
さらに見た目の美しさやナチュラルさにもこだわることが出来る点も魅力的です。
一方でメリットが多い半面で仕上がりの完璧さを追求するには、長期にわたるインプラント治療の期間を過ごさなければなりません。

一般的にインプラント治療を完了するまでの期間は半年程度を有するとされています。

また治療に際する費用は保険が利かず自費治療になるため、やや高額になる傾向もあります。



とはいえ一度で治療が完了すれば自分の歯と同じ感覚で、半永久的に使用出来る点は何物にも代えがたいメリットです。

NAVERまとめ情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

また人間が健康的に生きていく上で欠かせないと言われる、咀嚼の機能も取り戻すことが出来る点も大きな特徴です。
このようにインプラント治療を検討する際は、メリットとデメリットも総合的に考慮して決めることが大事です。