進化している矯正歯科の治療方法

昔の矯正は子供が受ける治療であるという印象がありますが、近頃は大人になってからでも充分に矯正歯科で矯正治療が受けられることが認知されてきていて、たくさんの人が矯正歯科で矯正をしています。


歯並びが悪い状態を放置してしまうと、色々な問題を引き起こしてしまいます。噛み合せが悪いことが原因で虫歯ができてしまったり、消化不良を引き起こしてしまったり、顎の関節だけでなく、発育や健康にも悪影響を及ぼしてしまったりします。

近頃は、肩や首がこってしまったり、頭痛や耳鳴り、目眩などを引き起こす人が、大人だけでなく小さい子供にまで増えてきています。



歯並びが悪いことに悩みを抱えていて治療を受けたいけれども、目立つような治療は受けたくないという人は少なくありません。


しかし、矯正歯科の装置は進化していて、透明な樹脂のマウスピースを使った矯正など、目立たない装置による矯正が注目を集めています。
一般的な歯列矯正の治療費には健康保険が適用されません。

健康保険が適用されない治療のことを自由診療といったり、自費治療といったりします。

一般的な歯列矯正の治療は、自由診療に該当するので治療費は全て自分で支払う必要があります。



自由診療は、矯正歯科が治療費用や診療内容を自由に決定できるため、矯正歯科によって治療内容や治療費の明細は違ってきます。

ターゲットに応じたT-SITEに関する疑問を解消してください。

しかし、先天的に噛み合せの機能に障害がある口唇裂や口蓋裂、外科手術を受ける必要がある顎変形症は健康保険が適用される場合があります。